【写真で分かる】Windows11で注音符号(ボポモフォ)を導入・入力する方法を11STEPで解説【タッチパネルに対応したパソコンのやり方】

【写真で分かる】Windows11で注音符号(ボポモフォ)を導入・入力する方法を11STEPで解説【タッチパネルに対応したパソコンのやり方】
URLをコピーする
URLをコピーしました!

※2021年11月2日の時点でのWindows11で導入して入力ができた方法です。
※カチャカチャ入力する物理キーボードで入力する方法は分かりませんでした。
※今後、Windows11がアップデートされると操作方法が変わる可能性があります。

困った妄想の彼女

注音符号(ボポモフォ)をWindows11で入力できるようにしたいんだけど、設定方法が分からない。

どうしたら入力できるのか、写真で教えてほしい。

笑顔なわたたく

そんな教えてほしいにお答えするね。

パソコンで注音符号が入力できるようになるぞ~。
今回の記事で書いていること
  • 【写真で分かる】Windows11で注音符号(ボポモフォ)を導入・入力する方法を11STEPで解説【タッチパネルに対応したパソコンのやり方】
  • 画面をタッチしないでスクリーンキーボードを出す方法
  • パソコンで注音符号(ボポモフォ)を入力するメリット・デメリットパソコンで注音符号を入力するメリット
  • 注音のキーボードの位置を効率よく覚える方法
  • 【関連記事】iPhoneやiPadで注音符号を入力する方法

この記事を書いている僕

  • 2021年11月2日にWindoows11とiPhoneとiPadで注音符号が入力できるように設定した
  • 2018年~2019年に台湾ワーホリに行ったが台湾華語の勉強に挫折
  • 2021年9月頃から台湾華語の勉強を「こんにちは」から再開することに
  • 世界20カ国旅した中で、台湾が1番好き

2021年11月2日の時点で、Windows11は画面内のキーボード(文章入力ができる画面をタッチしたら出てくるキーボード)を使用しないと注音符号が上手く入力できませんでした。

物理キーボードでのやり方は分かったら追記しようと思います。

笑顔なわたたく

ではWindows11の導入と入力方法を写真つきでお伝えしていくね。

目次

【写真で分かる】Windows11で注音符号(ボポモフォ)を導入・入力する方法を11STEPで解説【タッチパネルに対応したパソコンのやり方】

STEP
下にあるWindowsボタン→設定
STEP
時刻と言語→言語と地域
STEP
優先する言語にある言語の追加
STEP
インストールする言語を追加→chineseと入力するか中文と入力→中文(台湾)を選択
chineseと入力した例
中文と入力した例
STEP
インストールをクリック【インストールの時間は2~3分だった】
待ち時間が2~3分あった
STEP
Windows11の画面の右下の入力方式を左クリック→中国語(繁体字、台湾)が出てくる
右下の入力方式を左クリック
中国語(繁体字、台湾)が出てくる

文字の入力方式はWindowsキー+スペースキーを押すと変えることができます。

STEP
入力予測をするための設定。設定→時刻と言語→中国語(繁体字、台湾)→言語のオプションをクリック
STEP
Microsoft Bopomofoの部分にあるキーボードオプションをクリック
STEP
全般をクリック
STEP
入力文字に関連したフレーズを表示するをオンにする
STEP
文字を入力する画面→タッチパネル対応のWindows11のパソコンで画面をタッチ→入力画面が出てくるので入力して作業完了
予測変換が出てきていたのですが、スクショでは写らなかったです。
笑顔な妄想の彼女

ありがとう。

画面をタッチできない人はスクリーンキーボードってのを出せないのかな?

笑顔なわたたく

出し方を調べたよ。

次の項目を読んで。

画面をタッチしないでスクリーンキーボードを出す方法

Windows→検索→スクリーンキーボード→入力方式を注音にするが・・・。表記は英語。入力は注音だが分かりにくい
困った妄想の彼女

これは使いにくいね・・・。

笑顔なわたたく

Windowsのアップデートを待つしかないね。

もしくは他の人が読んでいるときには、やり方を解説した記事を誰かが書いてくれてるかもしれない。

パソコンで注音符号(ボポモフォ)を入力するメリット・デメリット

パソコンで注音符号を入力するメリット

  • パソコンのメモ書きで注音も書ける
  • 注音に関わる機会が増えて覚えやすくなる
  • 注音を覚えたらパソコンでの中国語(繁体字)の入力が早くなる
笑顔な妄想の彼女

注音で入力できるとかっこいいよね。

パソコンで注音符号を入力するデメリット

  • 2021年11月2日の時点ではタッチパネルで入力しないといけない
  • 注音の位置と入力方法を覚えるまで大変
困った妄想の彼女

練習するしかないよね。

笑顔なわたたく

頑張るしかない。

効率のいい覚え方についても次の項目で載せてるよ。

注音のキーボードの位置を効率よく覚える方法

中国語のピンインの発音を練習すると同時に、注音の文字・発音・キーボードの位置も覚えていきましょう。

ピンインの「a」の発音練習→注音の「a」の文字「ㄚ」を確認→キーボードで「ㄚ」の位置を確認して覚える。

そうすると効率よく注音も覚えていけます。

笑顔なわたたく

上記のような覚え方を『台湾華語・繁体字を効率よく勉強する方法【独学初心者向けに5STEPで解説】』って記事で詳しく書いてあるから、気になったら読んでね。

笑顔な妄想の彼女

効率よく勉強したいから読んでおく。

【関連記事】iPhoneやiPadで注音符号を入力する方法

笑顔なわたたく

今回はWindows11で注音を入力する方法を説明したけど、『【写真で分かる】スマホで注音符号(ボポモフォ)を導入・入力する方法を11STEPで解説【iPhone・iPad】』でiPhoneとiPadで入力する方法を解説したよ。

笑顔な妄想の彼女

うんうん。あたしiPhone使ってるから読みにいくね。

【写真で分かる】Windows11で注音符号(ボポモフォ)を導入・入力する方法を11STEPで解説【タッチパネルに対応したパソコンのやり方】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる